洪水予報とは?

浸水想定とは?

予報文の例


洪水予報とは?

 「洪水予報」とは、気象台が行う降雨予測をもとに、大阪府が河川水位を予測し、洪水氾濫が起きる恐れがある場合に「洪水注意報」あるいは「洪水警報」を共同で発表するもので、市町村はじめ関係行政機関へ伝達するとともに、テレビやラジオなど報道機関を通じて府民のみなさんにお知らせします。

 

種類 意味
洪水警報 基準地点の水位が、氾濫危険水位程度、または氾濫危険水位を超える洪水となることが予測されるときに発表
洪水注意報 基準地点の水位が、氾濫注意水位を超える洪水となることが予測される、または、氾濫注意水位を超え注意を要するときに発表
洪水情報 洪水注意報及び洪水警報の補足説明、又は軽微な修正を必要とするときに発表

 

警戒レベル 情報 住民が取るべき行動
警戒レベル5相当 氾濫発生情報 既に災害が発生している状況であり、命を守るための最善の行動をする。
警戒レベル4相当 氾濫危険情報 指定緊急避難場所等への立退き避難を基本とする避難行動をとる。なお、災害が発生するおそれが極めて高い状況等で、指定緊急避難場所への立退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断する場合には、近隣の安全な場所への避難や建物内のより安全な部屋への移動等の緊急の避難をする。
警戒レベル3相当 氾濫警戒情報 避難に時間のかかる高齢者等の要配慮者は立退き避難する。その他の人は立退き避難の準備をし、自発的に避難する。
警戒レベル2相当 氾濫注意情報 ハザードマップ等により災害リスク、避難場所や避難経路、避難のタイミング等の再確認、避難情報の把握手段の再確認・注意など、避難に備え自らの避難行動を確認する。

 

水位
危険度レベル
水位 求める行動の段階
レベル5 氾濫の発生以降 氾濫水への警戒を求める段階
レベル4 氾濫危険水位から氾濫発生まで いつ氾濫してもおかしくない状態
避難等の氾濫発生に対する対応を求める段階
レベル3 避難判断水位から氾濫危険水位まで 避難準備などの氾濫発生に対する警戒を求める段階
レベル2 氾濫注意水位から避難判断水位まで 氾濫の発生に対する注意を求める段階
レベル1 水防団待機水位から氾濫注意水位まで 水防団が体制を整える段階

トップに戻る

浸水想定区域とは?

「浸水想定区域図」は、100年に1度の大雨などが降った場合に、洪水氾濫により想定される浸水区域と浸水深さを示した図面で、「洪水ハザードマップ」の基礎資料となるもの。

○浸水想定区域図公表の経緯

近年の治水事業の着実な進展により、大河川のはん濫による甚大な水害は減少しています。 しかし、都市化の進展に伴う人口および資産の集積により、一旦、はん濫がおこった場合の災害危険度は相対的に高まっています。 特に、住民の生活と密着した都道府県知事が管理する中小河川では、堤防の決壊などによる災害が後を絶ちません。
また、近年の降雨特性である局地的な短時間集中豪雨の頻発による災害も、毎年のように発生しています。
このような中、平成12年9月に東海地方を襲った東海豪雨では、河川堤防の決壊を始め、大きな被害をもたらしました。 この災害では、「的確な情報の伝達」、「住民の円滑かつ迅速な避難路の確保」などの水災防止・軽減において様々な課題を残しました。

○水防法の改正による浸水想定区域制度

このような課題を踏まえ、危機管理体制の充実を図るため、平成13年7月に水防法が改正されました。
その主な改正点として、「洪水予報河川制度が県管理河川に拡充」、「浸水想定区域制度の創設」があります。
浸水想定区域制度は、洪水予報河川制度を受けて、洪水予報河川について浸水想定区域の指定を義務付け、 適切な避難場所の設定等の円滑かつ迅速な避難のための処置を講じることで、 一層効果的な住民の避難の確保を図ることを目的としています。

○浸水想定区域図の活用

浸水想定区域図は、この制度の的確な運用を図るための基本資料で、 国または都道府県による浸水想定区域の指定・公表、関係市町村の長への周知の際に使用します。 また、市町村防災会議が、浸水想定区域ごとに洪水予報の伝達方法、 避難場所の確保を図るために必要な事項について定める際の基本資料となるものです。

浸水想定区域図公表の目的
浸水想定区域図には、洪水により浸水が想定される区域と浸水深が明記されており、次の目的で一般に公表しています。

危険性を知る

避難に役立てる

生活への工夫

水害で、地域がどの程度の浸水被害の可能性があるか知っていただく。

水害への関心を高め、水害の恐れがある時や水害時の避難に役立てる。

水害に強い生活への工夫に役立てる。

大阪府では、神崎川、安威川、寝屋川流域、石川、大津川、槇尾川および牛滝川を洪水予報河川として指定し、浸水想定区域図を指定・公表しました。

神崎川浸水想定区域図の説明
安威川浸水想定区域図の説明
寝屋川流域浸水想定区域図の説明
石川浸水想定区域図の説明
大津川・槇尾川流域浸水想定区域図の説明
牛滝川流域浸水想定区域図の説明

トップに戻る

 

予報文の例

 予報文は、以下のように発表されます。

大津川水系牛滝川氾濫注意情報

        大津川水系牛滝川洪水予報第1号
        洪水注意報(発表)
        令和元年6月4日10時10分
        大阪府 大阪管区気象台 共同発表

【警戒レベル2相当情報[洪水]】大津川水系牛滝川では、氾濫注意水位に到達し、今後、水位はさらに上昇する見込み

(主文)
  【警戒レベル2相当】牛滝川の山直橋水位観測所(岸和田市)では、4日
09時50分頃に、「氾濫注意水位」に到達し、今後、水位はさらに上昇する見
込みです。洪水に関する情報に注意して下さい。

(雨量)
多いところで1時間に40ミリの雨が降っています。
この雨は当分この状態が続くでしょう。
大津川水系流域:
  4日7時00分から4日10時00分までの流域平均雨量
    80ミリ
  4日10時00分から4日13時00分までの流域平均雨量の見込み
    50ミリ

(水位・流量)
大津川水系牛滝川の水位観測所における水位は次の通りと見込まれます。
山直橋水位観測所(岸和田市):
  04日09時50分現況 1.25m(水位危険度レベル2)
  04日10時20分予測 1.30m(水位危険度レベル2)
  04日10時50分予測 1.35m(水位危険度レベル2)
  04日11時20分予測 1.40m(水位危険度レベル2)
  04日11時50分予測 1.50m(水位危険度レベル2)

(参考資料)
山直橋水位観測所(岸和田市)
 レベル1水防団待機水位:0.75m
 レベル2氾濫注意水位 :1.25m
 レベル3避難判断水位 :2.20m ※
 レベル4氾濫危険水位 :2.30m ※
受け持ち区間
 牛滝川
  右岸:岸和田市稲葉町7の1地先の稲葉橋下流端から二級河川大津川への
   合流点まで
  左岸:岸和田市稲葉町1344の1地先の稲葉橋下流端から二級河川大津川
   への合流点まで
氾濫が発生した場合の浸水想定区域
 大阪府泉大津市- 大阪府和泉市- 大阪府泉北郡忠岡町- 大阪府岸和田市-

※避難判断水位、氾濫危険水位:水位観測所受け持ち区間内の第1位危険箇
 所の避難判断水位、氾濫危険水位を水位観測所に換算した水位です。


水位危険度レベル
 ■レベル1:水防団待機水位から氾濫注意水位まで
 ■レベル2:氾濫注意水位から避難判断水位まで
 ■レベル3:避難判断水位から氾濫危険水位まで
 ■レベル4:氾濫危険水位から氾濫発生まで
 ■レベル5:氾濫の発生以降

「雨量」「水位」等の情報は、下記のサイトからもご覧いただけます。
 水防情報(パソコン):http://www.osaka-kasen-portal.net/suibou/index.html
 気象庁ホームページ :http://www.jma.go.jp/

問い合わせ先
気象関係:気象庁 大阪管区気象台 気象防災部
     06−6949−6303
水位関係:大阪府
     06−6944−6167

 

トップに戻る